20年前、30年前から車の位置付けは変わりましたね。

環境にやさしい車、エコカー

「エコカー」という言葉を聞いたことがあるのではないでしょうか。エコカーとは「自然環境にやさしい車」のことです。開発が急がれている電気自動車もエコカーです。ガソリン車は地球環境を考えればいずれなくなってしまうでしょう。地球温暖化に伴う森林の砂漠化、毎年指摘される世界的な異常気象現在、地球規模でエコロジーが叫ばれています。排気ガスを大量に撒き散らすガソリン車はいずれはなくなると見るのが世界の状況からして当然でしょう。そういった状況から、登場してきたのが、電気とガソリン両方を使用するハイブリッド車です。二酸化炭素の排出量が少ないハイブリッド車もまたエコカーと言えるでしょう。しかし、気になるのが電気自動車です。ハイブリッド車は、電気とガソリンを使用しますが、単純に電気のみで走る車はいつできるのでしょうか。電気自動車の開発に関しては現在世界中の国々が開発に着手していますが、なかなか進展していないのが実情です。

 

赤ちゃん肌のようにツヤツヤになれるフラッシュ脱毛の銀座カラーなら処理後のヒリヒリ感もなく安心です。

車社会である沖縄県の実情

沖縄は車社会です。沖縄には電車がありません。ですから、沖縄県民は用事があるときはバスか車を使います。沖縄県民にとって車はまさに「足」がわりなのです。沖縄の人間はあまり歩こうとしません。ちょっと離れたところにあるスーパーやコンビニエンスストアーに行くのにも車を使います。わたしは社会人になりたての頃、千葉に三年間いたのですが、電車通勤でした。しかし、わたしは入っていた会社の独身寮は駅からかなり距離がありました。徒歩で40分くらいです。沖縄で車に乗ってどこへでも出かけていたわたしにとってはかなり辛かった思い出があります。しかし、嫌な思い出ではありません。本土ではそれが当たり前でしたし、みんな歩いているので特に違和感もなかったのです。しかし、沖縄に帰ってくるとどうしても車を利用せざるを得ません。バスだと待ち時間が長いですし、強烈な日差しの中、バス停でバスを待つのはかなりの苦痛だからです。そういった理由から、車をつい利用するのです。

更新履歴